次の出展まで1か月ほどあるので

ちょっと自分用の小物づくり。

 

粉のガラスで水玉模様をつけて

小皿を作りました。

別の色で自分用のコースターとして

前から使っているのですが

今回は小皿に。

小皿作りは久しぶり。

 

一度に3枚作れる型なのですが

今回は1枚だけ。

模様を溶かし合わせたガラス板を型に乗せて

低めの温度でキープすると

ガラス自体の重さで型に沿って沈み込み

お皿として使える窪みが出来ます。

出展時のディスプレイに使っている小皿も

こんな要領で作っています。

 

この水玉模様の小皿は

全部で3回焼かないといけないので

けっこう手間と日数がかかるんです。

 

ちなみに右側の四角いのは

ついでにちょっと実験したもの。

キューブ状のベージュのを型にして

そこにクリアのガラスをただ乗せただけ。

お皿とは逆さまの窪ませ方です。

ある疑問を解消したくて

用途を考えずに曲げたのですが

何にしましょう???

帰宅後外したアクセサリーを

とりあえず乗せるとか?

シンプルなクリアも良いものですね。

 

とりあえず水玉模様の小皿は

可愛くできたのでさっそく使おう!

 

※ガラス作りをされている方にとっては

写真に少しおかしな部分がありますが

実験であえてやりました。

(おすすめできないやり方を含んでいます)

 

コメント
コメントする